筋トレよりも食事制限!?腹筋が割れる人の共通点とは?

皆さん憧れる体型といえば、やはり腹筋が割れていてお腹がすっきり見えるウエストラインではないでしょうか。ボディビルダーの方なんかはキレイな逆三角形をしていますよね。そして腹筋も見事にシックスパックに割れています。

さて、このシックスパックになりたいがために、頑張って腹筋運動を始める人は少なくありません。悪いことではありませんし、むしろいいことではありますが、実は腹筋が割れている人というのは腹筋運動をたくさんやった結果ではない、ということをご存知でしょうか?

シックスパックに必要なのは腹筋運動?

そもそもですが、腹筋を割るために必要なことというのは腹筋運動なのでしょうか?確かに、シックスパックに当たる部分は腹筋ですが、腹筋をトレーニングで鍛えれば割れていくのでしょうか?

実は誰でも腹筋は6つに割れている!?

「腹筋をすれば6つに割れる!」と信じている人も多いかもしれませんが、それは残念ながら事実ではありません。は腹筋というのはそもそも誰もが6つに割れているのです。生まれたときから、人間は腹筋が6つに割れているのです。

これは人間の腹筋の構造が最初からそのように作られているからです。主にトレーニングで鍛えてかっこよく見える腹筋の部分は腹直筋と外腹斜筋と呼ばれる部分になります。シックスパックの部分は腹直筋ですが、真ん中に白線と呼ばれる筋肉の割れ目になる腱が走っています。そして横向きには腱画があり、これが横割れの腱になります。

最初から筋肉の構造上、6つに割れているのです。そうです、我々は誰もが実はシックスパックの持ち主なのです。特にトレーニングをしていないけれども痩せているという人のお腹を見せてもらってください。6つに割れているのが確認できると思いますよ。

一番必要なことは脂肪を減らすこと

では、なぜ一般的にはシックスパックの人が少ないのか?というと、腹筋の上に脂肪が乗っているからなのです。腹筋がいくらシックスパックに割れていたとしても、腹筋の上に脂肪が乗ってしまっていては、きれいな割れ目が出てくることはありません。

ボディビルダーの方々が非常にキレイな腹筋の割れ目を見せているのは、極限までに脂肪を減らしているからなのです。体脂肪を極限まで減らすことで、そもそものシックスパックの筋肉が浮き上がってくるというわけです。

つまりシックスパックになるために一番大事なことは脂肪を減らすことなのです。脂肪を減らしていけば、自ずとシックスパックが浮かび上がってくるということです。もちろんある程度の筋肉量は必要になってくるので、最低限のトレーニングは必要です。

といってもドローインのようなトレーニングを行えば、十分だとされていますので、参考までにやってみてはいかがでしょうか。

食事制限がパーソナルジムの最大の強み

シックスパックになる、お腹がキレイに割るためには脂肪を減らさなければいけません。そのためにもっとも重要なことは運動以上に食事制限です。正しい食事を身につけ、食事によって脂肪を減らしていく必要があるのです。食べ過ぎ飲み過ぎはダメですし、炭水化物も極力減らさなければなりません。

「一人で食事制限をするのは難しい…」という人にこそ、パーソナルジムがあります。パーソナルジムはジムという名前がつくので、運動がメインだと思われがちですが、実は運動と同じくらいメインなのが食事の管理です。食事の管理を行い、さらに必要な栄養素についてもアドバイスをしてくれます。

普通に食事をしていても、カロリーのとりすぎであるとか、栄養バランスであるとか、自分で判断するのは難しいものです。そこで食事についてもパーソナルジムのトレーナーがアドバイス・管理をしてくれることで、よりシックスパックに近づいていく事ができるのです。

パーソナルジムを使うのもシックスパック・腹筋を割るための近道といえるでしょう。

今はシックスパックにする美容整形もあるらしい

余談ではありますが、最近ではシックスパックに見せる美容整形というのもあるようです。体脂肪を最新技術で腹筋のように見せられるようなのですが、やはり最新技術ということもあってかなり高額です。

パーソナルジムの方がだいぶ安いですが、食事制限する事ができないという人にとっては、一つの選択肢に成りうるかもしれませんね。

ミケランジェロ(TM) : ミケランジェロ(TM) : 美容整形の高須クリニック(東京赤坂・横浜・名古屋・大阪)

まとめ:運動だけでは腹筋は割れない

以上のようにシックスパックにしたい・腹筋を割りたいという人は運動をしてもあまり効果的ではありません。それよりも先にしなければいけないのは腹筋を出すために、上に乗っている体脂肪を減らすことです。そのために一番重要なことは食事制限を行うことなのです。

パーソナルジムでも食事制限のアドバイスや管理などもしてくれますから、利用してみるのも一つの手段でしょう。