スポーツジムとパーソナルジム、どっちがいい?

「運動不足だな、少し身体を動かそう」となった時や「ダイエットしなきゃな…」と思った時、あなたはどうしますか?身体を動かすとなったら、スポーツジムを考えるかもしれませんが、最近はパーソナルジムも盛況です。

実際にスポーツジムとパーソナルジム、どちらのほうを選んだら良いのでしょうか?スポーツジムとパーソナルジムのサービスを比較して見ましょう。少しでもスポーツジムやパーソナルジムを検討している人に役立てば幸いです。

スポーツジムとパーソナルジムを比較してみる

では、具体的にスポーツジムとパーソナルジムを比較してみましょう。スポーツジムでは業界No.1のコナミスポーツと、パーソナルジムとしてはもっとも有名なライザップを比較してみます。

コナミスポーツ ライザップ
料金 15,768円
(施設カテゴリⅣ、好きなだけフリー)
入会金50,000円+298,000円
(シェイプアッププログラム16回)
器具・マシン たくさんあり、使い放題。プールやスタジオも 種類は少ないがトレーニング中は待ち時間ゼロ
利用時間 開店中は何時間でも使える 1回50分
(シェイプアッププログラム)
アメニティ 原則、自分で持ってくる タオル、水、ウェア等を無料でレンタル可能
シャワー等 湯船やジャグジー、サウナのある施設も シャワーブース
トレーニング 自分で考えなければならない。一人でトレーニング 自分専用のトレーニングを考えてもらい、マンツーマンで指導

料金はスポーツジムのほうが圧倒的に安い

まず、一番気になるのは料金だと思います。料金で言えば圧倒的にスポーツジムの方が安価に利用することが出来ます。コナミスポーツの場合は高くても16,000円弱となっています。対するライザップは2ヶ月のコースで入会金も含めると30万円以上の金額が必要です

結果的にライザップのようなパーソナルジムのほうが高い、ということになります。ただ、スポーツジムに1年半通っても、全く痩せないとかボディメイク出来ないという人も少なくないと思います。パーソナルジムであれば、逆に2ヶ月で効果が出る人も多くいます。

この当たりはコストとパフォーマンスへの考え方次第、ということになるでしょう。ただ、費用だけ見ればスポーツジムの方が圧倒的に安いのは事実です。

器具・マシンはメリット・デメリットあり

トレーニングマシンや器具などについてを見てみましょう。

充実しているのはこちらもコナミスポーツなどのスポーツジムと言えるでしょう。ランニングマシンやエアロバイクは複数台ありますし、ベンチプレスやダンベル、ショルダープレス、チェストプレスやレッグエクステンションなどのマシンも複数台あります。さらにヨガやピラティス、エアロビクスなどができるスタジオもあります。そしてプールもあるジムも少なくありません。

対するパーソナルジムは総合的なスミスマシンのように、一つで複数のトレーニングができる機器とダンベルやチューブ、マットなどがあるくらいのものです。ランニングマシンやエアロバイクがおいてあるところは非常に珍しいといえます。

こうやって見るとスポーツジムの方が充実しているのでいいなと思うかもしれません。ただし、スポーツジムの場合は待ち時間が発生することがあります。誰かが使っているときにはそのマシンは使えません。プールも譲り合って運動しなければなりませんし、なかなかマシンが使えないということも多々あります。

一方でパーソナルジムの場合はその時間帯、トレーニングをしている時間帯はプライベートジムとなっていますから、利用の待ち時間が発生するということはまずありません。待たずに使えるという点においてはパーソナルジムの方がメリットがあるとも言えます。

利用時間は考え方次第

次に利用時間ですが、パーソナルジムの場合は利用時間が決まっています。ライザップの場合は50分もしくは80分となっています。大体、多くのプライベートジムでも60分前後が多いです。逆にスポーツジムはいつでも開店しているときであれば好きなだけ利用することができます。

一見するとコストパフォーマンス的にはスポーツジムの方がいいように思いますが、これも考え方次第です。忙しい現代人は何時間もスポーツジムでトレーニングするだけの時間を取れないでしょう。仕事帰りに3時間もトレーニングしていれば、12時を回ってしまうこともあります。その点、短時間で効果的なトレーニングができるのであれば、それは忙しい人にとってはありがたいのではないでしょうか。

よくスポーツジムに行くと、おしゃべりをしている女性がたくさんいます。時間がたくさんある人にはスポーツジムはいいかもしれません。

アメニティはパーソナルジムに軍配

続いてアメニティなどのアイテムですが、こちらはスポーツジムは原則自分で持っていかなければならないものばかりです。タオルもそうですし、シューズもウェアも水などの飲み物も持っていかなければなりません。追加料金を払えばレンタルやシューズを置いておくことも出来ますが、基本料金にはついていません。

対するライザップではシューズだけ持っていけばウェアやタオル、ミネラルウォーターなども用意してくれています。最近のパーソナルジムではミネラルウォーターだけでなく、プロテインを提供してくれるところもあるそうです。ウェアもかなり本格的なものを貸し出してくれます。

ライザップの場合、シューズの預かりは有料ですが、手ぶらで行きたいという人には良いサービスでしょうね。アメニティ関連は圧倒的にパーソナルジムがサービス充実しているといえます。

お風呂やサウナがあるのはスポーツジム

トレーニングが終わった後にシャワーを浴びるかと思いますが、パーソナルジムのほとんどはシャワーのみです。ライザップもシャワーブースがあり、シャワーを浴びてさっぱりして帰る事ができます。

対するスポーツジムはシャワーだけでなく、洗い場・浴槽・サウナ・ジャグジーなども用意されているところが少なくありません。まるで銭湯に行ったような気分を味わうことが出来ます。お風呂を重要視しているという人にはありがたいサービスです。

さっぱりして帰ることは両方出来ますが、サービスが充実しているのはスポーツジムといえます。

トレーニングはパーソナルジムが手厚い

最後にトレーニング内容ですが、こちらは明確な違いがあります。

スポーツジムの場合はトレーニング内容を自分で組む必要があります。最初に何をして、次に何をして…それらをすべて自分で組まなければなりません。フォームのチェックも自分で行い、適切な重量というのも自分で判断してマシンを使わないといけません。

対するパーソナルジムはライザップを始めとして、トレーニング内容は考えてもらえます。プロが考えたトレーニングにしたがって行えばよく、さらにフォームについても指導をしてもらいながら、辛い時には声をかけてもらいながらマンツーマンでトレーニングしてもらえます。

パーソナルジムの最大の特徴が、このマンツーマンでの指導でしょう。一人ではなく二人で行うからこそ、途中でやめずに最後までやりきってボディメイクやダイエットに成功する人が多いのだと思います。

まとめ:なんのために通うかがポイント

以上、スポーツジムとパーソナルジムについて比較をしてみました。一番気になる費用面だけを見ると「スポーツジムのほうがいいかもしれない…」と思ってしまいますね。

ただ、いちばん大事なのはあなたが通う目的です。おそらく、スポーツジムやパーソナルジム・プライベートジムを使おうと思っている人の多くが「運動不足解消」や「ダイエット」「体型をより良くする」ことを考えて、検討しているのではないでしょうか。

であれば、一番大事なことはあなたの目的である運動不足が解消されることやダイエットに成功することではないでしょうか?たとえ費用が高かったとしても、お風呂がシャワーしかなかったとしても、器具があまりたくさんなかったとしても、あなたの目的が達成できればそれでいいはずです。

自分自身はなぜスポーツジムやパーソナルジムを調べようと思ったのか?その当初の目的を思い出してみてください。そしてその目的を一番達成できそうなサービス、それを選んでみてはいかがでしょうか。